セレクトショップAngelJujyu(エンジェルジュジュ) ♥ ファッション通販

Brand

ファイブプレビュー

 
ポップ​且つスタイリッシュ​なデザインでブランド設立から僅か一年でファッショニスタ達から絶大な支持を集めるブランドへと成長したTシャツブランド5 Preview。そのデザイナーであるEmeli Martensson​は、​グラフィックデザイン、ファッションデザイン、社会学、インダストリアルデザイン、そしてインテリアデザイン を学​び、30歳の時イタリアに移住しKillahのプリントデザイナーとして働​いたのち​​、​10年後​ニューヨーク​​に移住しています。
​Ki​ll​ahで働いてい​たある日​、雑​​誌の記事で​プリン​トTシャツの作り方を連載。そのTシャツの写真が​瞬く間に噂になり、​「このTシャツはどこで買うことが出来るのか?」という​問い合わせが殺到。​そのTシャツのブランド名とロゴを作る必要性があり​、​最初の意図と しては僅か5ピースのコレクションを作るという物で、(ゆえにこのブランドは5 previewと名づけられました。)
​イタリア、日本、スカンジナビアや北ヨーロッパでも人気を集めている彼女のブランドコンセプトは、「​白地のシンプルで良質なTシャツに、強調された黒字のプリントTシャツ。そしてシンプルでありタイムレスな物」。

アキラ ナカ

 
https://akiranaka.com/

中章(AKIRA NAKA)。アメリカ滞在中にテーラーと出会いデザインを始める。

アントワープ王立芸術アカデミーに入学。イェール国際フェスティバルに出品するために同校を中退。その際、同校の教授でもあるウォルター ヴァン ベイレンドンクの引き留められるも、最終的にはみずからの道を進むことを決意。
イェール国際フェスティバル終了後、アントワープにてニットデザイナーに師事。
2006年に帰国。2007年「POESIE」をスタート。
2008S/S東京コレクションファッションウィークに行われた企画である、21_21デザインサイトで展示会「ヨーロッパで出会った新人たち」に参加。このイベントにはミキオサカベ、リトゥンアフターワーズなども参加した。
2008年、ブランド名を「AKIRA NAKA」に改名。2009年、メンズウェアブランド「VKhUTES(ヴクテス)」を立ち上げる。ブランド名のインスピレーションは20世紀初頭にあったロシアの芸術学校「Vkhutemas」から。
中章自身がオリジナルで開発した「グラデーションニット」が有名。これは素材がグラデーションのように変わるニットでこれは2つの素材を繋ぎ合せて作られるもので、高い技術を必要とする。
グラデーションニット有名ではあるが、毎シーズンのコレクションで登場するわけではなく、素材としての1つの選択といった印象を受ける。コレクションでは「女性像の表現」を取り上げている。特定の女性をテーマにすることもあり、2009S/Sにはロシア構成主義(コントラクティビスト)の芸術家アレクサンドル・ロトチェンコの妻であり、自身も芸術家であったバーバラ・ステパーノヴァにフォーカスしたコレクションを発表した。

アミ・ダンファンス

 
All to Muse ...
〜 全ての輝く女神たちへ 〜 From Ami d'enfance

Ami d'enfance (アミ・ダンファンス)は、フランス語で幼馴染という意味です。
Adulte(アデュルト)、Le jouer(ル・ジュウエ)の、2ラインで展開しています。

私達、Y&R は、小さい頃からいつも一緒に遊んでいました。
大好きだったお姫様ごっこ…。
大人になった今も、私達の"お姫様ごっこ"はまだまだ続く​...​

子供の頃のワクワクした気持ち、キラキラした大人達の世界にドキドキしていたあの頃。
今、私達は "あの頃の夢" の中…。

何歳になってもキラキラ輝いていたい…。
毎日笑顔で、HAPPYに過ごしていきたい‼
女の子はみんなお姫様‼

そんな気持ちを大切にしていきたい…そんな思いが込められているAmi d'enfanceのアクセサリー・ジュエリー達で、皆様の毎日が輝くお手伝いができれば幸いです。

Adulteでは、繊細な大人のジュエリーを中心としたデザイン。
アンティーク調でありながら、スタイリッシュなデザイン。
何世代にも渡って愛される、時代にとらわれることのない、そんなジュエリーを。


大切なものを、大切に…。


〜All to Muse〜
全ての女神たちへ

from Ami d'enfance


あなたの笑顔が より 輝きますように…。


​*Ami d'enfance Adulte 商品​は100% made in japan です。

バハリ

 
BAHARI は スワヒリ語で ≪海≫ を意味します。
「海の宝石」と呼ばれるGalusha(ガルーシャ:エイ革)を中心に斬新なアイデアで新しい価値を創造してまいります。

≪We are connected by ocean. ≫

世界は、海でつながっている。

BAHARIに国境はありません。
世界の皆様に愛されるブランドを展開してまいります。

BAHARIガルーシャ製品の特徴
1,豊富なカラーバリエーション
2,「パール加工」を施したエレガントなカラー
3,「スパークリング加工」で新たな輝きを実現
4,「エアブラシ加工」で芸術的なデザインへの挑戦

ブリスマン

 
classic,luxury,art to do in old"femininty"
and modern"femininty"mytually in a concept.
I think that I want you to feel the style
of happy woman.

旧い「女性らしさ」と
現代の「女性らしさ」の中に相互する
CLASSIC-LUXURY-ARTをコンセプトに、
幸せな女性のスタイルを提案。

カフネ

 
CAFUNE(カフネ)・・・
ポルトガル語で「大切な人・恋人の髪をさわって遊ぶ様」という意味。
アメリカとイギリスでそれぞれ経験とキャリアを積んだ Queenie Fan と Day Lauが立ち上げた香港発のレザーバッグブランド。
全てのアイテムはイタリア産レザーを使用し、付属などのハードウェアのもブランドオリジナル。
落ち着いてリラックスしたムードをまとったブランドとして、作り手と手に取る人の感情を繋げるようなラグジュアリーアイテムを提案している。普遍的で飽きのこない形と、遊び心のあるデザインが特徴。

シャルロット・シモーヌ

 
イギリス出身デザイナー、シャーロット・ベッカムは2011年にCharlotte Simoneを設立。
学生時代に過ごしたパリで、パリ女性の程よく力の抜けたスタイルと、 一つのアクセサリーを中心にアウトフィットを作り上げる姿にインスパイアーされ生み出された、ファンタジックで超キュートなファーコレクション。
瞬く間にファンを増やし、Alexa Chaung、Oliver Palermo、Sinna Miller、Millie Mackintosh、Kelly Brookなど多くのセレブリティにも愛用されています。 使用されているリアルファーはOrigin Assured(原産国認証)加盟メーカーの正規ルートにより合法的に調達されています。

コレクションプリヴェ

 
デザイナーはマッシモ・ピッツィ。素材の持つ可能性に魅了され、レザーのハンドウォッシュや後染めのテクニックを開発。2002年故郷ボローニャにアトリエを構え、デザイン、生産、全てがオリジナリティで溢れている。飽くなき探求を表現するブランドネームに付けられた疑問符は、不確実で予知できない未来に挑む姿勢を投影している。

コーヘン

 
Coohem(コーヘン)は、ニットの世界で云う「交編(こうへん)」に由来する造語で、ニットテキスタイルという素材の持つ無限の可能性を追求するブランドとして2010年FALL&WINTERよりスタートしました。
「交編(こうへん)」とはいくつもの素材を使い織物のようなテキスタイルをニットの組織で作る技術であり、異なる色や素材を組み合わせることにより新しい素材の表情や着心地を可能にします。
この世界でも希有の「交編(こうへん)」技術によるニットテキスタイルをスタンダードなデザインに落とし込んだ大人の為のリアルクローズを提案します。
日本の職人とのコラボレーションにより作りだされるニットツウィードは、糸の選定から色、柄の組み合わせ全てがオリジナルに開発され、ファンシーな柄や鮮やかなカラーリングに特徴があります。
その素材の企画開発から商品の生産までの全工程を自社ファクトリーで作り、オリジナル性の高いクオリティを実現します。

エリカカヴァリーニセミクチュール

 
プレタポルテの上を行く「オートクチュール」はラグジュアリーの極みとされる「注文服」を指しますが、手仕事感は残しながら、着る人次第で変化する余地を残したウエアを「セミクチュール」として展開。
MADE IN ITALYを当初から貫き、イタリアの熟練した職人が手掛けるコレクションは、ヴィンテージ感漂う質感や風合いが特徴的です。

ファロルニ

 
<FALORNI>は1980 年に設立されレザーバックブランドです。
フィレンツェから程近いトスカーナ地方のカステルフィオレンティーノを拠点としています。
このエリアはレザーカットから編み、縫うところまでのバック生産のすべてを行う工場が集中しているエリアです。
<FALORNI>は、同じ家族出身の4人のオーナー、4人の従業員、9人の職人、3人のモデラー(模型を製作する人)からなる家族経営の会社です。
<FALORNI>では二重層の高級なナッパレザー(通称:Mignon)を編み込んで作られたBAG が特にシグネーチャーモデルとして有名です。
柔らかいカーフレザー、ラムナッパ、エンボス加工されたカーフレザー、ポニー、フォックス、ミンク、シープスキンなど様々な革を使用し、
丁寧に巧みに作られております。
<FALORNI>では、まるでアートのような熟練技のレベルの製品クオリティを維持するため、素材の編み、縫い、色付け、装飾の取り付けなどの工程を
全てハンドメイドで行っています。
また、その時々の世界のファッショントレンドや最新のテクニックから受けた刺激をレザーや商品の仕上げに反映させています。
現在、工場では<FALORNI>以外にも、フェラガモの生産を行っております。
過去にはフルラ、エトロ、エスカーダ、モスキーノ、フェンディ、プラダ、ボッテガヴェネタ、クリスチャン ディオールなどの生産を担ってきました。
長年の手作りによるモノ作りの経験から得たインスピレーションとテイスト・スタイルや、革新への絶え間ない関心の結晶が特徴となっており、唯一無二の製品
を作り出す<FALORNI>の商品は、世界中で愛され本国イタリアはもちろん、ヨーロッパ、アジア、アメリカ、の厳選されたショップで取扱いされています。

ホフマン コペンハーゲン

 
2011年デビュー。Chloé、By Malene Birger、DAY Birger et Mikkelsenなどで経験を積んだデザイナーHeidi Hofmannが立ち上げたブランド。
ディテールに至るまでのこまやかなデザイン感覚と高品質で洗練された上品さがHofmannの魅力。
フレッシュでありながら、タイムレスでワードーローブに不可欠なアイテムに、パリの女性のようにリラックスした着こなしからインスパイアされたデザインが特徴。
HOFMANN COPENHAGENのアイテムは手の届き易いデザインと価格でありながらデザイナー・ブランドとしての経験に裏付けされた品質を保っている。

コレクションはデザイナーHeidiの美意識でアクセントをつけた、デイリーに着用できるクラシックなアイテムが中心となっている。特にアートからインスパイアされ
ることが多く、オリジナルのプリントやペインティング、カラーバリエーションやシルエットに至るまで、アート的要素が随所に見受けられる。

「女性には、上質な生地を使っていながらも、手に取り易い価格でデザイナーズブランドを身につけてもらいたい。
服は着る女性をより魅力的に美しく輝かせるものであるけれど、同時に等身大の彼女自身を映し出すものでもあるべき。」
-Heidi Hofmann

ジャック・ル・コー

 
JACQUES LE CORREは1985年彼の最初のコレクションでクロシャールというフォルムを紐やリボンを縫い合わせるというテクニックを使って作り出す。
クロシャールハットは被る人が自由に形を変えることが出来、硬くて儀礼的な従来のハットのイメージを壊す。

フォルムや素材は革新的で意外性を持つ。

常に洗練されてエレガントでありながらもユーモアとファンタジーがコレクションに別の顔をもたらす。
詳細においても目が行き届いている。

ラインは考え抜かれ、選ばれ、グラフィック的。

両性的な、フェミニン/マスキュリンは永遠のテーマ。

また、カラーの遊びもブランドの一つの特徴。


98年にはバックの最初のコレクションでブランドの定番フォルムとなるリスボンを発表。
不必要なラインが削除されたリスボンはシンプルな美しさを持ち、時間やモードの流行に左右されることはない。
ハットと同様に、バックでも彼の両性的なフォルムを見つけ出す。

最良の素材がバックに使われる。
テクニック、アーティスティックの両面において革新的な素材が探し出され選択される。

2012-13秋冬シーズンからコレクションにストールが加わる。
フォトグラファーとして驚くべき才能を我々に残していったJacques Le Correの撮った写真がモチーフとしてプリントされる。

JACQUES LE CORREコレクションはフランスの職人とのコラボレーションでもある。

ジェーン・カー

 
International Wool Secretariat Prizeを受賞した後、1999年セントラル・セント・マーチンズ、ファッ
ション学科博士号取得、卒業。Donatella Versaceに認められ、女性服のプリントテキスタイルの責任者とてして4年間勤める。
後にロンドンに拠点を移し、2004年自身のレーベルを設立、そのコレクションはファッションエディターや著名人に注目され、瞬く間に世界中に広がる。
精巧な生地を使い、手仕上げの高品質な商品であることに重点を置き、洗練された心地よさを提供、どのデザインも枚数が限られており、特別でラグジュアリーな仕上がりになっている
エスティー・ローダー社から発売されたクレーム・ドゥ・ラ・メールとコラボレーション商品を発表するなど精力的に活動している。コレクションのすべてのプロダクツがイタリアでプリント、手作業で仕上げられ、世界的に17カ国以上で取り扱いがある。

ジーン・ジニー & ハングリー・フリークス, ダディ

 
http://jeangenie.jp/

存在に音楽が流れる、永遠に自由な女性の為に。
For the woman who is forever independent,
whose existence flows with music.
デザイナー 尾崎俊介。

ディレクター・デザイナーは、尾崎俊介(Syunsuke Ozaki)が務める。尾崎は、文化服装学院アパレルデザイン科卒。在学中より、TVCM用衣装を多数手がける。デザイナーズブランド数社にてパタンナー、企画としてキャリアを積んだ後、現場での経験、知識、技術を得る為に縫製工場に勤務。
2012年に自身のブランド「ジーンジニーアンドハングリーフリークス、ダディ」をスタート。2014年春夏、15年秋冬コレクションで2期連続で、プラグイングランプリを受賞。2014年、Tokyo新人デザイナーファッション大賞入賞。

カールドノヒュー

 
上質なシアリング、レザー、ファーを用いたラグジュアリーなファーブランドとして不動の地位を築いたKarl Donoghue は今年で1995 年のブランド設立から20 周年を迎えます。
15AW はこれまでの定番アイテムに加え、エキサイティングな新しいアイテムが豊富なコレクションになっています。
これまで同様、タンナリーやサプライヤーとの密接な関係を築くことで、新しいデザインを生み出すことに成功しています。
今シーズンは新たに1783 年に設立されたイギリスのHainsworth(ヘインズワース)というサプライヤーのメリノウール生地を使用しています。この生地と様々なシアリングを組み合わせたこれまでにない新しいテイラードコートを完成させました。ディテールにレザー、特徴的なストームフラップを使用することにより進化したクラシックスタイルになっています。また、襟元にたっぷりのトスカーナラムを使用したアシンメトリーなバイカーコートも注目のアイテムです。完璧なパイピング始末や水牛のパーツなどから垣間見ることができますが、デザイナーは表側のみならず内側にも美しい職人技を駆使する事を何よりも重要視しています。
また、ファー部分に自然の模様があるものだけを手作業で厳選したユニークなピントストスカーナラムは、今シーズン少し着丈を長くしたリバーシブルジレにピッタリの素材となっています。この美しいピントストスカーナラムを使用する事によりバイカージャケット、スカーフやトラッパーハットがひと味違うオリジナルルック
に仕上がっています。
Karl Donoghue のシグネチャーアイテムであるシュラッグもまた新しい“カシミヤラム” を使用し、ストライプのデザインで仕上げました。espresso とcrème の2 色展開のこの“カシミヤラム”は驚くほど柔らかいファーとスキン側にはバターのように滑らかなスエード加工が施されています。
スーパーライトな“ブークレシアリング” はニットリブとスナップボタンをあしらったスポーティなスタジャンに生まれ変わりました。スポーツMIX アイテムはウォータープルーフ加工が施されたラムナッパを使用したジッパージャケット、コート、トートバックやショッパーバックなど充実したラインナップとなっています。
20 周年を記念してミトン、イヤマフ、カラーは特別なギフトボックスをご用意しております。
そして今シーズンは手作業で繊細なラメ加工が施されたトスカーナラムとウォータープルーフ加工が施されたラムナッパの組み合わせが特徴的となっています。 pearl, lead, ice の落ち着いた3 色展開で、鮮やかなtomato
との相性は抜群です。Tomato はボタンやパイピングなどにアクセントカラーとして使用されていますが、tomato 一色の鮮やかなウエアも展開しております。
コレクションは全てイギリスでデザイン、熟練の職人によって製造されており最高品質の商品を提供しております。

レザークラウン

 
イタリア発のスニーカーブランド。デザイナーが幼少の頃から靴をこすり合わせて汚して遊び、その風合いが特に好きだったことからLEATHER CROWNのスタイルが誕生しました。
2009年春夏コレクションからスタートし、靴の重要性を追い求める高機能型シューズブランドとして確固たる地位を確立されました。
海外セレブのカジュアルウェアから火がつき、その名の通りスニーカーでありながら、インナーヒールで脚長に見える効果抜群のスニーカーです。
全ての製品は、オスカー氏とその息子であるジョバンニ氏・マルコ氏の3人のもとで100%イタリアにて製作されています。
ミラノを中心としたイタリア全域を皮切りに、フランス・ベルギー、スイスをはじめヨーロッパに展開しています。

リビアナ・コンティ

 
1976年デザイナーのLIVIANA TROFFEIが子供向けニットブランドをスタート。
その後ROBERTO CONTI氏とともに1982年LIVIANA CONTI COLLECTIONを発表。
’’ニットの魔術師’’といわれるLIVIANA CONTI。
アシンメトリーで立体的、かつ独創的なデザインが特徴のイタリアンブランド。

ロキト

 
http://www.lokitho.com/

ロキト(LOKITHO)は、2010年、デザイナーの木村晶彦が日本に設立。
木村晶彦は1979年京都生まれ。立命館大学卒業後、文化服装学院デザイン科を卒業。G.V.G.V.でMUGに師事し、2009年「アルピニスム」設立。2010S/Sシーズンより自身のブランド「ロキト」をスタートした。
2004年に第78回装苑賞・イトキン賞を受賞。また、2011年に東京新人デザイナーファッション大賞入賞。
ブランドコンセプトは"For witty women"(精神的に成熟した女性のための洋服)。日本の技術力を駆使したエレガントなコレクションを目指している。余計なデザインをそぎ落とし、リアルに街にいそうな女性の装いを表現。また街から連想されるビルディングをコラージュしたプリントなどにより、デザイナーの好きな都市世界を表している。プリントは友禅染の職人によりペインティングを使ったり、粗野な感じのある和紙の糸でニットを編むなど、素材やシルエット、縫製も大切にしており、ハイクオリティな服作りに注目が集まっている。
ブランド名の「ロキト」とは、北欧神話の火の神「ロキ」からきている。

マリアプラス

 
2018年秋にデビュー。
ニットを中心に、カットソー、布帛も展開。
高級素材のみを使用。
素材を個性と考え、素材を生かす為デザインはシンプルに。
ハイクオリティーな大人のためのライフスタイルを提案するブランドです。

MW

エム・ダブリュー

 
エム・ダブリュー(MW)は日本のファッションブランド。2015年に設立。2016年春夏シーズンよりコレクションをスタート。ハイブランドのアートディレクションや グラフィックデザインを担当するアホネン&ランバーグがグラフィックデザインを手掛けている。

デザイナーは加藤良子と井下田成司。フランス・オートクチュール協会により設立されたエコール・ドゥ・ラ・シャンブル・サンディカル・ドゥ・ラ・クチュール・パリジェンヌで学ぶ。 卒業後、加藤は「イヴ・サンローラン」デザインチームにて経験し帰国。井下田は三宅デザイン事務所「A-POC」にて経験を積み 2008年株式会社 LESS PLUS DESIGN設立。2009年春夏より「レプ ラス」のコレクションをスタート。
2016年春夏シーズンよりブランド名を「エム・ダブリュー(MW)」に改称。

ミュールバウアー

 
1903年、Julianna Muhlbauerがウィーンに程近いフロリツドルフで婦人帽子仕立屋を創業。
以後代々引き継がれ、2001年より4代目となるKlaus(クラウス)氏がデザイナーとして就任。兄妹であるマーリースと共にメンズ・レディースのコレクションを手掛け、オーストリアの気候が生んだ伝統的なチロル帽をベースに、柔軟な発想で、素材やディテールに新たな要素を取り入れて、フレッシュかつモードなハットコレクションを提案している。
そして現在、世界中の高感度セレクトショップや百貨店で取り扱われ、デザイン性と確実な技術が高く評価されるまでに成長した。また、セレブリティーの顧客も多く、たくさんの人々から愛され支持されている。
2005年12月にはウィーンに初のフラッグシップショップをオープン。
2008年12月にはザルツブルグにショップをオープン
2014年、ブランド創立111周年を記念して、“111 darling”を出版。

ムク

 
相ことなる個性の組み合わせ。そうでありながら、なにも足さない、なにも引かない、あたかも混じり気のないひとつのものへ。そんなイメージから、2011年前田俊介のmukuコレクションは産まれました。日々の暮らしにさりげなく、心地よく溶け込んで、時代が移り変わっても 持つ人と共に優しく月日を重ねていって欲しい。そんな願いを込めて…。

パケ

 
2007年、10代の終わりに湘南台で出会ったふたりの女性が2014年に立ち上げたブランド。
ともにランジェリーデザインを学び、国内外での様々な経験を形にしました。
ルーツは、高品質でスマートなアンダーウェア。
商品にはシルクとコットンを採用し、日本の縫製工場で作られています。
回帰的な美を目指し、シンプルで上品なバランス、身体の一部になったかのように肌に馴染み、ぴったりと曲線に沿う設計で作られています。
外見へのアプローチだけではない、触れたときの感触や女性のフォルムを表現しています。

ペレテルノ

 
"Pelleterno"とはイタリア語で"革"を意味する<Pelle>と"悠久"を意味する"Eterno"を合わせて作られた造語です。永く大切に育てていける靴を作りたいという想いを込めています。一つ一つ木型を一から削り出し、手作業により一足一足丁寧に作られた靴はどこか懐かしさを感じさせます。育てられた環境、水、なめし方、製法、さらにはその日の天候によっても表情を変える革という素材に魅了され私たちは靴づくりをはじめました。履くたびに、お手入れをするたびに自分のものになっていく感覚を楽しんでほしい。そう願っています。
また、Pelleternoのシューズボックスには、それぞれのデザイン・使用している素材に合わせたアテンションカードを封入しており、革の特性やお手入れ方法をすぐにご確認いただけるようになっています。お手入れをしながら、何度もお修理をしながら、永くお履きいただきたい大人の女性のための靴たちです。

ポンティ

 
PONTI(ポンティ)は 、 ポンチ絵のように日々のスケッチからのなかから生まれるイメージやアイデアを形にしたブランドです。
カットソーを中心に異素材を組み合わせながら、ベーシック/リラックス/ミニマルを基軸にアイテムを考案し、 着心地の良さを考え、長く着られるワードローブアイテムを提案します。
また、そのときどきに感じた インスピレーションをテキスタイルプリントとして表現します。
PONTIらしい一風変わったテキスタイルを考案し、見応えがあり、程よく着れるデザインを心がけています。デザイナー 平田信絵。

スノッブ ミラノ

 
サングラス SNOBミラノアイウェアコレクションは、固体の伝統的な形状に裏打ちされた新しいフレーム技術の革新的なイタリア発アイウェアブランドです。

ザ・ルーム

 
シンプルでリラックスできるスタイルが特徴の韓国デザイナーズブランド。日々のファッションに取り入れやすいナチュラルさに加え、上質な素材ならではの快適な着心地も魅力的。

ティビ

 
ティビ(tibi)はエイミー・スミロヴィック(Amy Smilovic)が1997年にスタートしたファッションブランド。結婚を機にニューヨークから香港へ移住してブランドを立ち上げる。

画家であった父の背中を見て育ったエイミーは、香港での生地業界でその才能を開花。自身が描いたスケッチやセレクトした生地を使ったコンテンポラリーのプレタポルテラインをデザインし、それが香港の海外駐在者たちの間で人気となると、レーンクロフォードとの取引が始まる。1997年にたった4型から開始したデビューコレクションから現在まで、“着る女性が自信に溢れ、身に着けるだけで輝く”ことができるコレクションがモットー。

2000年に夫とアメリカに帰国したエイミーはティビの本社をニューヨークに設立し、あらゆるシーンで活躍するワードローブというキー・エレメントを毎シーズン盛り込んだコレクションを発表する。クリーンでリラックスしたセットアップ、アイコニックなアイテムの数々でティビらしいシーズンの全体像を表現。コレクションは常に、モダンな女性からインスパイアされており、生き生きとした若さと洗練、マスキュリンとフェミニン、大胆さと落ち着いた印象など、ひとりひとりの個性を際立たせる、女性たち自身の中にあるコントラストに注目している。

トレバラッビ

 
日常生活のために作られた都会的でシックなコレクションを作りたい、という遊び心のある欲求から生まれたブランド。
そのユニークな製品は、革新的な形を作るために、ボリュームとカットの正確な研究に焦点を合わせています。
クールで新鮮な色と洗練された色の組み合わせは、さまざまな感情を引き出し、表現します。
すべてイタリア製で、Back to Basicがコンセプトです。

アンリアルファー

 
2012年に設立されたオーストラリアのブランド。『アンリアルファー』は、厳選した“フェイクファー”のみを扱っています。本物と変わらない肌触りと、本物の毛皮では成し得ない光沢感の統一は見事な仕上がり。常にシックで良心的な消費者のために、胸が踊るようなデザインを提供しています。本物を凌ぐクオリティーで世界中から高い評価を得ており、オーストラリア・ニュージーランド・英国・ユーロ圏をはじめ、世界20か国にて展開中。

ユル・イエ

 
韓国のデザイナーSunyuul Yieによる、空想的で力強さを併せ持つシューズブランド。
2010年より「MA VIE EN ROSE」として多彩なトピックでコレクションを発表。2013年SSコレクションからブランド名を「YUUL YIE」に改名し、様々なコレクションを打ち出す。
高品質な素材で、ユニーククラシック、トレンディーカジュアルを反映したハイエンドなブランドを目指し、洗練されたディテールを通して独特なムードを提案。
最も重視しているターゲットは、流行を追いかけてはいないけれども、ファッショナブルな感性を失っていないしっかりとした自分を持った女性。

PICK UP ITEMS

SEMICOUTURE(セミクチュール) レースキャミソール BE

¥26,000

TUNIC(チュニック) フレンチコットンワンピース

¥18,000

TUNIC(チュニック) フレンチコットンワンピース マルチブラック

¥18,000

SEMICOUTURE(セミクチュール) 切替レースワンピース

¥32,000